スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いざ市庁舎へ

ヴェッキオ宮殿
こちらが市庁舎(ヴェッキオ宮殿)です。
予約の時間は12時半、本人確認のため、いざ市庁舎へ!


ヴェッキオ宮殿 ヴェッキオ宮殿
一部は観光客にも公開されていますが、市庁舎として現在も利用されています。
ヴェッキオ宮殿 ヴェッキオ宮殿

私たちは2日後、ここヴェッキオ宮殿の紅の間という部屋でリーガル挙式を行います。
リーガル挙式とはつまり、イタリア人と同じ方法でイタリアの法律に則って挙げるわけですが、じゃあイタリア人の結婚ってどんなの?といいますと・・・

日本では役所に婚姻届を出して受理されると婚姻が認められますよね。
イタリアではこの「婚姻届提出」を市長もしくは市長代理への誓いとともに行います。
それが事務的な感じではなく、セレモニー式となっていて通常市庁舎で行われます。(私たちはイタリアのフィレンツェ市で行うので、市庁舎であるヴェッキオ宮殿の紅の間ということになるわけです!)
が、市によっては認可のある同じ市内のヴィラやお城でも出来、市長もしくは市長代理が出向いてくれるみたいです。
つまり『婚姻届式』です。
これをイタリアでは外国人同士の結婚(私たちみたいな)でも執り行ってくれるわけです。

日本だって婚姻届を提出しなければ結婚したことにならないのと同じように、イタリア人の方々はこの予約制の婚姻届式が必須になります。

カップルによっては婚姻届式は親族だけで行い、そのあとヴィラや古城を貸し切ってパーティーを行ったりするらしいですよ。

日本では教会式とか神前式とか人前式とかありますが、イタリアではキリスト教信者でしか教会でお式はできないそうです。キリスト教カップルさんだけが婚姻届式をやってから教会式を行うようです。

私たちの場合は2日後の婚姻届式のあとフィレンツェ市から発行される結婚証明書を日本で日本の婚姻届と一緒に出すと戸籍に『イタリア共和国の法に従い婚姻』と記載されて入籍日は日本での届出日ではなく、イタリアでの届式の日となります。さかのぼれるわけです!


結婚記念日って‘挙式+披露宴をした日’なのか‘婚姻届を出した日’なのか。。。。
それぞれのカップルの考えがあって、どっちかだったり両方だったり自由でいいと思うんですが、私は婚姻届を出した日だと思うんですよね。だからもし日本で挙式をしていたら、届も同日に出したいと考えたと思います。
結婚式とはなにかって考えたら、教会式も神前式も、正直ピンとこないところもありました。
なのでこの婚姻届提出が式になっているイタリアの方式は、私の考え方にしっくりきました。

おまけに戸籍に『イタリア共和国の法に従い婚姻』と載るし、婚姻の時でしか入れない紅の間で行われるので、ちょっぴり特別感も味わえて、1度の結婚を大切に迎えられた気がします。

ちなみにフィレンツェ市長かその代理に誓う内容はおそらくイタリアの法律に則った内容なのだと思うのですが、その内容も共感できて気に入っています。
イタリアオリジナルがあるわけじゃないですよ。現実的な内容がイタリア的と言われればそうなのかもしれませんが・・・(笑)
万国共通な内容だと思いました。
神に愛を誓うより、こういう現実的な内容に誓う方が私はしっくりくるわけです(笑)
どんな内容かはまた別の日に・・・



さて、本人確認ですが、私たちが何をするわけでもありません。
鼻の穴をぷくっとふくらませるのがおそらくクセなのであろう個性的なおばちゃんに、用意した婚姻要件具備証明書等を提出して、あとはMさんがイタリア語をしゃべり、すんなり終了。

私はそのやり取りをみながら、昨日のローマでの緊張感からの解放を実感していました
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

ちゃんべ☆

Author:ちゃんべ☆
旦那さんの転勤を機に、北海道にやってきました。
主婦も、北海道も、初めてだらけの新生活、頑張っています。

観光でも来たことがなかった北海道を少しずつ知りながら、
カフェとか、観光とか、海外旅行とか、充実した生活になるように、日々の暮らしの足跡を残していきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。