スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いざ成田へ

2010年8月イタリア
まだ新しい京成スカイライナー↑

ちょうど1年前の今日、私たちはイタリアへ向かいました。
私たちはフィレンツェのヴェッキオ宮殿(市庁舎)で、リーガル挙式を行うことにしたのです。

ドタバタだった印象があるこの旅をちょうど1年後のその日に振り返っていきたいと思います。


2010年8月イタリア
アリタリアの直行便で行きました。
いつもの旅行なら値段重視でトランジットしてイタリアへ向かうところなのですが、なぜ直行便かというと・・・
乗り換えでシェンゲン条約加盟の他の国に降りて入国スタンプを押されるとイタリアに入国するときにパスポートを警察に提示して入国手続きをしなければならず、ここまでは良くてもこの手続きだけで1日かかってしまうそうなんです。

シェンゲン条約とかよくわかりません…が手続きに1日取られるのは私たちにとってはとても厄介なのです。。。

なぜなら私たちのスケジュールは結婚式を迎えるその日まで、手続きがキツキツで、つまずいたら最後、式はできなくなってしまうという綱渡りスケジュールなのです。。。!!

本来、リーガル挙式を行うのなら戸籍謄本、住民票、婚姻要件具備証明書(法務局発行)の3点を揃え「宣誓供述書」とやらを持って証人と共に公証人役場で宣誓し、それらすべてのイタリア語訳、アポスティーユ(それぞれの書類が国際的に通用する日本の公的な書類であることを証明するもの)を外務省でとらなくてはいけなかったらしいです。
これが6か月はかかる手続きという!
イタリア語訳もイタリア大使館指定の翻訳家でなくてはならないらしくお金も時間もうんとかかるようです。

私たちのイタリアでの結婚をサポートしてくださったのは日本人の現地コーディネーターMさんなのですが、8月に結婚式を行いたいと問い合わせたのが5月!
これじゃ完全に間に合わないのでした・・・

が、Mさんいろいろ調べて下さって、、、
『(ちゃんべたち)の場合はお時間がない、どうしよう! といろいろ調べましたところ、朗報が入ってきました!
これらの書類取得がローマの日本大使館ですべて1日でできるようになったそうです!
今大使館に問い合わせ、詳しい説明を受けているところですが基本的に戸籍謄本と住民票だけお持ちいただければいいようです・・・・・』

って、うそーん!!
6ヶ月と1日って違いすぎるでしょ!とメールを読んで笑っちゃいました。

確かに日本大使館はイタリアにある日本。日本で行う長い作業も要はイタリアで通用する婚姻要件具備証明書が欲しいため!
在伊日本大使館でも作業は同じ!訳もちゃちゃっとやってくれて、具備証明もイタリア語で作ってくれる。午前中に来れば午後にはできるわよということでした。



話は少しそれましたが、私たちのヴェッキオ宮殿での挙式はローマにある日本大使館での手続きをスタートに綱渡りしていきます。
綱渡りを成功させるべく、日本で入念な準備・確認をとったつもりです。(が、式を迎えるまでは不安でした)
そしてキツキツ日程の合間ぬって観光!

エキサイティングな私たちの旅の始まりです。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

04 | 2017/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

ちゃんべ☆

Author:ちゃんべ☆
旦那さんの転勤を機に、北海道にやってきました。
主婦も、北海道も、初めてだらけの新生活、頑張っています。

観光でも来たことがなかった北海道を少しずつ知りながら、
カフェとか、観光とか、海外旅行とか、充実した生活になるように、日々の暮らしの足跡を残していきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。